Re: iPhone Accounts For 50 Percent Of U.S. Mobile Web Traffic; Android At 5 Percent


いわゆるスマートフォーンというカテゴリーではiPhone圧勝、AppleSafari強し。
ワールドワイドのトラフィックの実に33%、USだけだと50%、だそうです。っていっても世界じゃ日本ほど携帯でインターネットしてない、という事実もあるので、
数字だけで日本人が判断しちゃうとアレですが、逆に言うとワールドワイドだとぜんぜん未開だった土地をあっさり(がっつり)Appleが牛耳ったというか何やってたの?Windows Mobileって感じです(違)

Nokiaのブラウザエンジンも今後はWebKitになるし、晩秋にはLinuxにポーティングされたWebKitをつんだ機種もちらほら出てきたりAndroidも年末には数十機種出てくるところを見ると、やっぱりMSも開発者がぽろりしたようにあきらめてWM7のIEは、WebKitにしたらいいんじゃないかしら?とか勝手に思ってみたり。



以下、詳細。
- Touchscreens: The top handset on each carrier is a touchscreen. T-Mobile has the Android device, the T-Mobile G1, Verizon Wireless (NYSE: VZ) has the BlackBerry Storm; AT&T (NYSE: T) has the iPhone and Sprint (NYSE: S) has the Samsung Instinct.

- Top five smartphones: Globally they are: iPhone (above, top), Nokia (NYSE: NOK) N70 (above, left), BlackBerry 8300 (above, right), Nokia N80, and Nokia N73. In the U.S.: iPhone, BlackBerry Curve, BlackBerry Pearl, Palm (NSDQ: PALM) Centro, and HTC Dream (G1).

- OS Breakdown: Symbian lost market share in February, but is still number one worldwide with 43 percent of requests; the top Windows Mobile device is the Samsung BlackJack II, but six of the top 10 Windows Mobile devices are from HTC; Android accounts for 5 percent of the US smartphone market; iPhone generated 33 percent of worldwide traffic and 50 percent of US traffic.
より詳しいAdMobのレポートは以下から。
[PR]
by nobsato | 2009-03-29 23:58 | Mobile | Comments(0)


<< 終電 今井桜 >>