人気ブログランキング |

米Yahoo! 2nd Searchlight Awardの結果発表

米Yahoo!のSearchlight Awardの結果発表がありました。今年は30社以上のトップエージェンシーからの応募があり、見事ノミネートされたのは以下の4エージェンシー。
  • Sprint-Talladega Nights, presented by NeoSearch
  • Special K, presented by Starcom
  • Lexus All-new LS Launch, presented by TeamOne
  • Chase Freedom, presented by Avenue A Razorfish
a0006681_1957664.jpgYahoo! Searchlight Awardは、米Yahoo!での検索広告に対してエージェンシーが依頼主の広告出稿に打った「策」の中からもっとも技術的にもアイデア(仕掛け)的にも、優れたものをその年の最優秀作品として、その場のプレゼンテーションと審査員とのディスカッションを見た上で会場にいるオーディエンス(エージェンシー)が投票する形で評価する、というアワードです。

キャンペーンサイトの評価ではなく、検索広告として、どのように検索を広告ページやキャンペーンに連動させるか、技術や仕掛け的な「技」を競きながら、インタラクティブキャンペーン広告とダイレクトレスポンス広告との違いをお互いが学んでいく、という趣旨のイベントだそうです。
#まぁ、ようはYahoo!にどんどん広告だせ、ということだと思いますが(w

で、第2回の結果発表、ぱんぱかぱーん!♪

結果は、審査委員を務めたGreg Sterlingのページ、Screenwerkから。
  • Yahoo! Searchlight Awards: Surprise Winner
    All four agencies presented campaigns that contained elements of traditional media, online display advertising and search. Chase/Avenue A was the winner, mainly because their discussion of search was the most complete and compelling — with the most granular information about the performance of the campaign in search.

    (中略)

    The Avenue A guys (who also presented last year) did a terrific job in their explanation of the process of how they sold the client, Chase, on spending more on “generic” search terms that were expensive (i.e., “Credit Card”) as part of a branding strategy. (A DR mindset wouldn’t justify the spend because the ROI wasn’t there in terms of customer acquisitions.) And they did a study with Yahoo! to back up their branding position, which was supported by data showing consumer recall and brand lift.
ほー。

たしかに試しに超一般的な言葉である"Credit Card"の検索結果ページのそこらがChaseにリンクしてまんがな。。。
a0006681_538966.jpg

で、申し込みページではなく、検索などのランディングページ(受けページ)となる、Chaseのキャンペーンサイトはこちら。相変わらず、思いっきりそれ(謎)っぽい(w
by nobsato | 2007-02-24 05:21 | Yahoo


<< CGI美女 Re: 「あるある」と放送法と... >>