人気ブログランキング |

Re: 「Yahoo!JAPAN研究所」設立 村井純氏が顧問に

日本のヤフーも米国Yahoo!なみに長期的な視野での技術開発についてのR&Dに着手?
  • ITmedia News: 「Yahoo!JAPAN研究所」設立 村井純氏が顧問に
    ヤフーは3月26日、インターネット関連の新技術や、ネットと社会の関係などについて研究する「Yahoo!JAPAN研究所」を、4月1日付けで社内に新設する。最高技術顧問に村井純・慶応義塾大学教授を迎え、産学官で連携して研究を進める方針だ。

    同社の井上雅博社長が所長に就任。研究員5人と、企画スタッフなど計約10人ほどでスタートし、30~40人規模に拡大していく。

    今後10年を見据えた長期的な視野での研究と、2年程度のスパンで取り組む基礎研究、商用化を前提にした1~2年程度の応用研究をそれぞれ行う。米Yahoo!の研究所「Yahoo! Research」と連携するほか、国内の大学・企業の研究所、官公庁との連携も行っていく。

    研究内容は、構文解析や形態素解析などの自然言語処理、検索クエリーログを使った情報検索技術、ネットユーザーの行動分析、有害情報のフィルタリング技術、ネットによる生活の変化についての調査分析──などを想定している。
とはいえ、具体的にどんな人が入所するんだろうか?ちょっと想像できません。
慶応藤沢キャンパスの研究者とかなのかなぁ?

米国のYahoo! Researchだと、Larry Teslerとか大御所が在籍していたりして、インタラクションデザイン系の人にはもうそれだけでエキサイティング!(謎)だったっりしますが。

あ、そういえば多摩美や東大大学院を中心とした界隈(謎)でも同じような名目で(とはいえこちらはデザインという切り口で)、次世代の情報検索技術やネットユーザーの行動分析、インターネットを利用した生活の変化などについての研究とかをしてたけど、これも慶応藤沢キャンパス系の研究者を中心に吸収していくのかしら?>誰

それはそれとして、以下の一問一答はけっこう笑えた。
日本のヤフー研究所の魅力って何になるのか?部外者ですが、ちょっと期待したい。
「米Googleは無料のカフェテリアなどで優秀な研究員を惹きつけているが、ヤフー研究所も、研究員に何かステータスを感じさせるような施策をするのか」と記者から問われた井上社長は「昼食分ぐらいの働きはしてほしい。昼食目当てに来る人はいらない」と一蹴。「昼食代を払いながら十分に生活できるくらいの評価をしていきたい」と付け足した。

update 4:06
スラドの同記事から。
以下のような毎日新聞の面白い記事へのリンクがあった。へー。

インターネット始めた当時(94年から95年あたり)は、ジョーイとかゴア副大統領とか村井さんとかはけっこう期待していたんだけどなぁ(謎)

あ、当時のマイヒーローといえば、浜野保樹さんとクレメント・モック、ブレンダ・ローレル、ビル・モグリッジとか。
さらに付け加えるとキム・ポレーゼとかビル・アトキンソンとかジョン・スカーリーとかトリップ・ホーキンス。

今だと誰それ?って人も結構いますね(w
by nobsato | 2007-03-27 03:41 | Yahoo


<< Google コペルニクス研究所 うーん、こまったぞ。 >>