カテゴリ:InfoArch( 110 )

CSS Nite LP, Disk 7「IAスペシャル」(9月12日)

先々月のCSS Nite in GinzaでIA(の歴史的な流れや海外事情)について簡単に話させて頂いたり(参加された方&ご意見いただいた方、ありがとうございます!)、今月のCSS Nite in Ginza(8月20日)でもコンセントの長谷川さんがIAの海外事情について(あれ?被ってる?)話をしたりしますが、その集大成として9月12日にCSS Nite LPとして「IAスペシャル」が開催されます。普段こっそりと不定期に行われているIA勉強会やIA Cocktail Hourなどのイベント、WebSigその他、Webデザイン系イベントではおなじみのメンバーがほぼ半日かけて暑く熱く語る土曜日です。

たぶん日本でIAのみについてフォーカスした単独のイベントは初めてではないでしょうか?
しかもこんな豪華な顔ぶれ!
矢野さんのブログに出演者の鋭い一言紹介文があります。
…で、オイラは「ガジェットオタク大好き!」って…まぁ、そうですけどw

なお、通常参加費用が9,000円のところ、8月12日までに申し込み/決済された方には早期割引として-1,000円の8,000円で参加できます。

申し込みがうなぎ上り(謎)のようですので、当初250名枠だったのが急遽、360名に増員されました。
参加したい方はお早めに申し込みください。また当日のセッション(特に自分の「IAの欠点」)について、ご意見・ご希望なども受け付けています。
[PR]
by nobsato | 2009-08-02 04:25 | InfoArch

本日、CSS Nite in Ginza Vol.36 + アフターパーティ

本日、19:00~ アップルストア銀座にて"CSS Nite in Ginza, Vol.36"があります。セミナーのあといつもの場所でアフターパーティもあります。
まだ席があるようですのでよろしければどうぞ。
  • CSS Nite in Ginza, Vol.36 アフターパーティ
    ◇日時:2009年6月18日 20:30-23:10
    ◇場所:銀座PPサロン 
     中央区銀座5-9-13 中村ビル9F(1FはAMPM)
     アップルストアから歩いて4分くらいです。
     http://www.partyplanet.co.jp/salon/pps_access.html
    ◇会費:3,500円(6月15日までの事前表明)、4,000円(6月16日以降、当日)
    (飲み放題)
    ◇備考:
    ・領収書をご用意します。
    ・本編に参加されず、アフターパーティのみの参加も歓迎です!

参加表明は上記のサイトからよろしくお願いします。
[PR]
by nobsato | 2009-06-18 08:27 | InfoArch

CSS Nite in Ginza, Vol.36 「インフォメーションアーキテクトの過去、現在、そして未来。」【更新】

久々にしゃべります。
  • CSS Nite: CSS Nite in Ginza, Vol.36(2009年6月18日開催)
    インフォメーションアーキテクトの過去、現在、そして未来。
    The past, present, and the future of Information Architect


    a0006681_23401127.jpg昨今、インフォメーションアーキテクト(IA)というタイトルを付けた専門職を置くWeb制作会社も増えてきました。

    IAについての情報は英語によるものが多く、言語の問題からあまり日本に海外の情報が入ってきません。そのため、実は英語圏では何度となく議論さて定義されてきている内容も、なんとなく勝手な思惑や解釈、勘違い、勢いなどが理由で結果的にあらぬ誤解や作業者が苦労している場面も多くあるようです。

    実はIAにも長い歴史と専門性の変遷の経緯があります。今回のCSS Niteでは、その部分を解説しつつ参加者の理解を深めたいと思います。
参加表明はmixiのコミュニティ内で受付中です。前半はIAについてあまり馴染みのない方に、後半は実際に業務レベルでIA的な作業を行っている方や、実際にプロジェクトにIA的な人がいる方に向けた話をする予定です。

#別にIA的な作業やってる人は忙しくって18時過ぎに会社出るのが厳しいだろうから前半と後半の話題をわけた、というわけではありませんw

more
[PR]
by nobsato | 2009-04-05 23:10 | InfoArch

Re: Recreating the button

向こうの人との会話で出てきて帰国してから久々にStopdesign(Doug Brown)のサイトみたら、ここ最近になってけっこう投稿してたんですね。

で、その中でも、ちょっと前のものですが、おおぉお!と思った記事。先日、GmailのUIがリニューアルした際、おお、と思った反面、見た目(視覚的)に全てのボタンが同じに見えるってどうなの?って思ってたりしたんだけども、記事を読んでも技術的に凄いのは分かるんだけど、やっぱり解せません。。。

どうなんだろう?

…でもやっぱすごいね、これ。
[PR]
by nobsato | 2009-02-23 02:54 | InfoArch

Re: 一覧リストにおけるページングについて

よくまとまってます。個人的には「Pagination」かな?
もちろん日本語の「ページネーション」の意味は知ってますが
#昔QuarkXpressで使ってたような、この言い方。

ってよりも「Paging」という言い方を知らなかったw


最近、こっち系のことはしてないなぁー(ピュア)
[PR]
by nobsato | 2009-02-23 02:31 | InfoArch

IAサミット2009、サイト公開

mixiのコミュにも書きましたが、IAサミットの公式サイトが公開されました。今までは会員向けに登録サイトのみ公開してましたが、今後数週間でプログラムやスピーカーセクションが追加される予定です。

すっかり忘れてましたが、タグライン「Selebrating our 10th anniversary」とあるとおり、今年でIAサミットは10年目に突入します。

思えば…
[PR]
by nobsato | 2009-01-21 03:39 | InfoArch

Web Directions EastのJeffrey Veen氏の来日とIA/UX F2Fのキャンセル告知に関して

【謝罪文】
今回、11月7日から11月9日の3日間までベルサール西新宿・飯田橋で行われるWeb Directions East 2008(以下、WDE)において、ゲストスピーカーの一人として来日する予定であったJeffrey Veen氏に、WDEの来日に合わせて非公式なF2F(Face to Face)の席を設けようと個人的に企画し、私の不注意と配慮不足により結果として意図せぬ形でWDEイベント関係者の皆様に多大な迷惑をお掛けしてしまいました。
またWDEカンファレンス参加予定で氏のプログラムを楽しみにしていた皆様には要らぬ誤解や不安、混乱を与えてしまいました。

ここに改めてお詫びいたします、申し訳ありませんでした。

【事の経緯】
個人的にJeffrey Veen氏個人の連絡先を知っていたこともあり、WDEでの来日に合わせて、WDEに事前に許諾を得ずに氏に連絡を取り、WDEへの事前連絡および事前許諾を得ずにWDEで来日中の氏にF2Fという形式の参加費無料(飲食代実費)のオープンな席を国内の主に東京近辺在住のインフォメーションアーキテクト(IA)およびユーザーエクスペリエンス(UX)関係者を対象に企画しました。

その後、Jeffrey Veen氏本人から個人的な事情により11月第1週の来日が無理であるとの連絡を受け、氏本人への確認は行いましたが、WDEへの事実確認および事前にブログでの告知許可の確認なしに、氏の来日が不可能になった旨、さらにF2Fのキャンセルを「業務連絡:来週末のIA/UX F2F →キャンセル 」という形で本個人ブログにてアナウンスしました。

これによりWDE側で本件に関する正式アナウンス前に、本ブログを直接、あるいは各種のRSS取得ソフトで間接的に、またはWDEサイトの氏のプロフィール紹介ページ上のフィードアグリゲートによって、F2FというWDEとは関係のない催しの存在を知り、および氏の来日不可の事実を知り、WDEへの問い合わせなどをが発生し、結果として意図しない形での営業妨害となり、WDE事務局の方々に大変な迷惑をかけてることになりました。

上記の情報により参加を見合わせた方、およびWDE事務局に対応を求める方などがあり、本来必要のない諸対応を事務局の皆様に求める結果となってしまいました。

# F2Fとは…Informal Face 2 Face meetingの略で、直接顔を合わせて会う非公式な会合や集まりの意。主に海外のプロフェッショナル団体では行われている何かの機会に便乗する形で非公式に行うプロフェッショナルネットワーキングのための会合。俗に言うオフ会。

【今回の問題点】
  • 他のイベントで召集されている方に関する企画をイベント主催者の事前許諾なしに行った。
  • 他のイベントに召集されている方にイベント主催者の事前許諾なしに個人的に連絡をとった。
  • 他のイベントに出演予定の方の来日予定に関する情報をイベント主催者の事前許諾なしにその予定を個人ブログで告知した。
【今後の対応】
今後は主催者側に事前許諾なしにこのような催しや企画を立てる事がないよう、注意し、関係者の皆様にご迷惑が掛からないよう十分に配慮しするよう心がけます。

しかし私自身の対応に問題があったのも事実であり、今回の教訓を、F2Fの意義や許諾の確認方法、席を設ける体制などを再考する良い機会と前向きに考えさせて頂き、F2Fという形での席の企画・開催は、期限を設けず無期限で凍結としたいと思います。

#ただしUXnetのサイト、mixiのIA研コミュニティ等での各国のF2Fの情報共有等は今後とも可能な限り続けさせて頂きたいと真に勝手ながら思います。

開催意義・開催方法や運用体制など何らかの改善方法が明確に見出せた時点で改めて、これらの席の催しなどを検討させて頂ければと思います。

今回、ご迷惑をおかけした関係者の皆様、真に申し訳ありませんでした。

2008/11/05 23:57
nobsato
以上。

update 2008-11-06 00:20
一部文章の表現を訂正。
[PR]
by nobsato | 2008-11-05 23:57 | InfoArch

業務連絡:来週末のIA/UX F2F →キャンセル 【訂正とお詫び】

update: 2008-11-06 00:21
本件に関しては以下をご覧ください。update: 2008-11-01 14:29
【お詫び】
本件ですが、一部でWeb Directions Eastと同時開催の無料イベント、あるいはIAAJ主催で定期的に開催されているIA Cocktail Hourの無料イベントという誤解を与えてしまい、関係者の方々にご迷惑をお掛けしてしまいましたことをここにお詫び致します。

今回、Jeffery Veen氏の来日を企画し実行しているWeb Directions主催者側との調整なしにF2Fが進んでいたこと、さらに主催者側での正式決定前に氏の講演キャンセルを示唆するような投稿をしてしまいご迷惑をお掛けしました。

F2F (informal Face 2 Face meeting)はIAIIxDASIGGRAPH等のプロフェッショナル団体に参加している会員を中心に自主的に行われる非公式な形で行うネットワーキングのためのオフ会です。
各地で開催されるその他のイベント(カンファレス、ワークショップ、F2Fなど)について興味のある方は以下のページ等をご覧ください。 ---
先月のIA Cocktail Hourでチラッと予告したり、ここ最近直接お会いした方にはお話してましたが、来月のWebのビッグイベント、Web Direction East 2008で公演予定だったJeff Veenが急遽来日できなくなったとの連絡が先ほどありました。
  • Web Directions East 08: Jeffrey Veen
そのため来週末に予定していたF2Fは無くなりました、残念。

次回の来日時にまた企画します。

[PR]
by nobsato | 2008-10-31 02:45 | InfoArch

[Book] Subject To Change -予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る

ようやく日本語版、発売!

奇をてらって?変な日本語のタイトルにしなかったことは素晴らしい!
高橋ノブさん、初の単行翻訳本! …らしいw

Subject To Change -予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作るSubject To Change -予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る
Peter Merholz (著), Brandon Schauer (著), David Verba (著), Todd Wilkens (著),
高橋 信夫 (翻訳)

価格:¥ 1,890(税込)
新書: 180ページ
出版社: オライリージャパン (2008/10/27)
ISBN-10: 4873113857
ISBN-13: 978-4873113852

update 2008-10-30 0:39
価格が間違っていました。
正しくは 1,890円でした(汗)
[PR]
by nobsato | 2008-10-20 08:29 | InfoArch

Re: IA Cocktail Hour Tokyo with Elliptic Labs (Tokyo, Japan)

ということで興味ある方はぜひどうぞ。

仕事早めに切り上げてなんとか参加できるようにします(オイ


  • UXnet.org: IA Cocktail Hour Tokyo with Elliptic Labs (Tokyo, Japan)
    ノルウェーのElliptic Labs社に、彼らが持つタッチレスパネル(ジェスチャーUI)の技術デモをCEO自らの実演してもらえる機会を頂きました。[...]

    内容:ノルウェーのElliptics Labs社のタッチレス(ジェスチャー)UIの技術デモ
    (※デモは英語で行われます)
    日時:10/9(木) 20:00~22:00
    場所:(株)ビジネス・アーキテクツ 会議室
    会費:3,500円程度(※人数により調整)
    主催:IAI-JP、IAAJ
    協力:(株)ビジネス・アーキテクツ

[PR]
by nobsato | 2008-10-04 15:44 | InfoArch