人気ブログランキング |

タグ:IA ( 77 ) タグの人気記事

Re: ウェブ設計トレーニング

シリコンカフェログから。
  • ウェブ設計トレーニング
    先週に続いて今週、つまり明日ですがWebディレクター養成講座(中級:Webスタンダードサイト構築・運用編)があります。

    (省略)

    ………で、明日の予定では………
    ■ 基本設計の考え方
    ■ 要件の再確認
    ■ サイト構造設計
    ■ コンテンツマップ
    ■ ディレクトリマップ
    ■ URIとディレクトリ名称
    ■ 論理的な文書構造
    ■ 見出しについて
    ■ Microsoft Wordの活用
    ■ 画面情報設計
    ■ 画面カテゴリの洗い出し
    ワイアーフレーム
    ■ 画面情報と名称
    ■ インタフェース設計
    ■ グリッドデザイン
    ■ 視覚要素
    ■ ユーザビリティ、インタラクションデザイン
    ■ アートディレクション
    ■ カラースキーム、タイポグラフィ
    ■ 視覚の統一
    ■ マークアップ指針
    ■ HTMLについて
    ■ HTMLの構造化
    ■ CSSの設計
    ■ CSSレイアウト
    ■ 効率化:Dreamweaver
    ■ 効率化:Fireworks
    ■ 実装工程での注意点
    ■ 品質チェック
    ■ 運用に向けて

    って感じでやります。
ワイヤーフレームだと思います…。

僕は不得意(というかやらないけど)、あとは「情報の組織化と構造化」と「ユーザーに合わせた情報の最適化」があれば文句なし!かと思いました。
by nobsato | 2007-03-09 21:53 | InfoArch

IAの訳語に関する雑感 【更新】

IA用語解説のコメントに書き込んだら文字数を大幅にオーバー(笑)したので、エントリーとして再ポス。

つづき
by nobsato | 2007-02-12 18:26 | InfoArch

IA用語解説

Find Job!の仕事探し用語集にわりとわかりやすい解説があったのメモ
  • インフォメーションアーキテクチャとは

    インフォメーションアーキテクチャとは、直訳すると「情報の構造」ですが、情報を知りたい人に、情報を分かりやすく正しく伝える、または目的の情報を探しやすくするために、最適な設計・構築をすることや、その技術のことを指す場合が多いです。例えば、ウェブサイトはインフォメーションアーキテクチャが不十分だと「さっき見ていたページがどこにあるか分からない」といった問題が生じます。「どんな情報を求めているか」「どうデザイン・表現すれば伝わりやすいか」というようなインフォメーションアーキテクチャの考えを用いることで、こういった問題は解決できます。インフォメーションアーキテクチャは、「情報アーキテクチャ」と呼ばれたり、「IA」と略して呼ばれたりしています。また、インフォメーションアーキテクチャの考えを理解・実践する人は、「インフォメーションアーキテクト」と呼ばれます。
いずれにしても

Information Architecture は
 ×:インフォメーションアーキテクチャ
 ○:情報アーキテクチャ

Information Architect は
 ×:情報アーキテクト
 ○:インフォメーションアーキテクト

でいつかは統一したいものです(謎)
by nobsato | 2007-02-10 15:19 | InfoArch

メンタルモデル、やってますか、みなさん?(w 【訂正】

最近がんばってるWっちと一緒に「5分でマスター、メンタルモデル講座」(謎)やってたら
あっという間に終電の時間が流れてしまいました、バイバイ終電。

メンタルモデルについてお勉強するならやっぱりadaptive pathでしょう!
ということでリンク、いくつか。※以前in-house trainingにあったドキュメント(教材のPPT)はもうダウンロードできなくなってますね、残念。

でもやっぱ日本語だよね!って人もいるので、日本語でいくつかリンク最後のCSS入門の解説が一番わかりやすいので、抜粋。
#しかし、なんでCSS入門に?(w
インタフェースのデザインは初心者に優しい直感的モデルと熟達者の生産性を向上させる理論的モデルの二つに分類できますが、いずれにしても、利用者が「当然期待する」機能性を提供することが重要です。当然期待するところのものは利用者の経験に応じて異なりますが、これを認知心理学ではメンタルモデル(mental model)と呼び、ソフトウェアのインタフェース・デザインでは必須の概念になっています。

メンタルモデルとは利用者が情報に対して心的に構築する動作のモデルのことであり、メンタルモデルに合致したシステムは直感的に把握しやすく、人の生産性を向上させます。反対に、メンタルモデルを裏切る動作があると、当該の作業に関する部分だけではなく、システム全体に対する不信感を生み、利用者に全体の見直し/メンタルモデルの再構成を迫ります。その結果、利用者の生産性が著しく減退することは言うまでもありません。

ついで、というか(たぶん)日本語でWebサイトのためのメンタルモデルのやり方について唯一かかれている本です。
是非、読みましょう>誰

a0006681_23253118.jpg
著者: 中東 優, 野口 竜司

価格: ¥1,785 (税込)
単行本: 159ページ
出版社: 秀和システム (2007/1/9)
ASIN: 4798015547


さて、ひとまず区切りがついたので、やっと今朝途中までやっていた作業の続き。
なかなか時間が取れませぬ。
ぬー。
by nobsato | 2007-02-10 02:31 | InfoArch

Google Groups、正式版へ

Google関係もう一つ。

あんまり使ってない(笑)のですが、Google Groupsが正式版になりました。
  • 新バージョンのGoogle Groupsでは、グループのページをドラッグ&ドロップで簡単にカスタマイズできるほか、ファイルの共有やメンバーのプロフィール作成機能なども備えた。グループ内の会話には、Gmailと似たインタフェースを使用。また、グループページへのアクセス設定も可能。

    新バージョンのGoogle Groupsは、英語のほかフランス語、ドイツ語、中国語、韓国語、日本語など19言語に対応している。
ちなみにユーザーエクスペリエンス設計やUI改善を、以前の同僚でBrett Lが担当してます。
彼は某ネットワークシステム最大手のリニューアル大チーム(40名!)のリードインフォメーションアーキテクトでした。
SVO滞在中はとってもお世話になったり。サンクス"Groups on fire!"というTシャツがかっこいい。

で、彼の有名らしいGoogle食堂のフォトログ。I辺さんのGTD系のムックに載っていて笑った。しかしよく考えるとGoogleの「Beta」が取れた製品ってひさびさでは?(w

のエントリはこちら。
by nobsato | 2007-01-26 04:57 | InfoArch

はこだて未来大学のプロジェクト学習発表会@東京

  • 公立はこだて未来大学 - プロジェクト学習発表会
    プロジェクト学習発表会スケジュール

    本学の学部教育における取組が,平成18年度特色ある大学教育支援プログラムに採択されました.

    本取組の中心であるプロジェクト学習を広く社会に公表するため,学内外において学生によるプロジェクト学習の成果発表会を開催いたします.本発表会へのご参加につきましては,事前申込み等は不要です.直接会場へお越しください.

    みなさまのご来場を心よりお待ちしております

    日時:1月31日(水)14:00~17:00
    場所:品川プリンスホテル新館28階「苗場」(東京都港区高輪4-10-30)
    対象:選抜13プロジェクト
行く人いたらご一緒に是非。
by nobsato | 2007-01-21 23:39 | InfoArch

ペルソナデザインセミナーの資料が公開

大神社personadesign.netのペルソナブログに昨年11月に行われた「ペルソナデザインセミナー」についてのダイヤモンドハーバードビジネスレビュー記事が掲載。ちょうど2月号を買おうか迷っていたのでよかったよかった。あ、グローバル戦略の記事があった…ちっ。

ちなみに大神社のpersonadesign.netはペルソナをマーケティングメソッドと言い切ってしまっているのでどうなんだろうか?と思ったりする今日この頃です(謎)

update 2007-01-24 4:14
本屋で立ち読みしたらペルソナの記事の内容ぜんぜん違った(w
というか『競争の戦略』とか戦略論の原点の方がむっさよかったので来月にでも買おう(謎)
by nobsato | 2007-01-21 19:15 | InfoArch

IAサーバ、合体ロボ!

ゴッパチキング、かっこいいぞ!
by nobsato | 2007-01-17 23:09 | News Clip

[Book] デザイニング・インターフェース

』の訳者、浅野さんの次なる訳書『』がやっと発売に!

a0006681_1823618.gifデザイニング・インターフェース
― パターンによる実践的インタラクションデザイン

Jenifer Tidwell (著), ソシオメディア株式会社 (監修), 浅野 紀予 (翻訳)

価格: ¥ 3,990 (税込)
大型本: 360ページ
出版社: オライリー・ジャパン
ASIN: 4873113164
わーい、英語版買わずにずっと待ってましたー!
サインもらわないと(w

今年はこの手の本がたくさんでそうですね(謎)
発売日は1/20です。
by nobsato | 2007-01-13 18:01 | InfoArch

ペルソナが効果を発揮するとき

のJard Spoolの書き込みより。
    1. The design team is an actual team, with more than a single individual working the entire process from ideation through implementation (and beyond).
    2. The team members are different from their users (which is most of the time).
    3. The team members do not have constant interaction directly with the users, particularly getting feedback on how the relevant artifacts are used.
    4. Different users will interact with the artifacts differently because they have different intentions, context, knowledge, skills, or experience.
ふむふむ。
by nobsato | 2007-01-08 12:34 | InfoArch