人気ブログランキング |

タグ:frog design ( 10 ) タグの人気記事

Thoughts on Interaction Design (2007)

2007年にFrog designのシニアIAやYouTube(Google)のUXデザイナーらが中心に書かれた幻の(1,000部限定で発売された)インタラクションデザインの考察についての小冊子がオンライン版として再リリースされました、しかも今回は無料です。
by nobsato | 2008-10-05 15:43 | InfoDesign

frog design、アジアの歴史(の記憶)

いや、やっぱ絶対にfrogは昔、東京にオフィスあったよ!だって昔勤めていた某大手通信メーカーのデザイン会社(何処)の同僚の下Dさんの同級生が勤めていた、って聞いたことあったし…。

ということで(前置き長っ)ネットでいろいろ調べてみました。

中々出てこなかったのですが(たぶん1993年当時以前の情報がテキスト化されてネット上に無いんでしょうね、きっとw)、なんとか出てきた、出てきた。

しかもこのサイト、かなり歴史が詳しい。本社サイト以上!w残念なのは情報のキャッチアップがネットバブル崩壊の兆しが見えた1999年までで、おりしも?Frogがいったん撃沈して(失礼!)表舞台から消えかけて復活しだした近年、いわゆる空白の期間(謎)の記録がまさにない!という感じ、オシイ。

とりあえず、興味ある人は記念にFrog DesignのCDケース買っておきましょう:P

で撃沈とはいえ…
by nobsato | 2008-06-23 03:54 | Design

GE.com、2008 Stevie Award Winner コーポレートサイト最優秀賞受賞

GE.comがThe American Business Awardsが主催している第6回Stevie AwardのWeb Siteセクションのコーポレートサイト(Corporate Information)部門で見事、最優秀賞を受賞しました。しかもデザインしてたのってfrogだったよ。
  • News: Stevie Award Winner
    Results are in from the Stevie Awards: frog design has been awarded a Stevie for Best Web Site in the category of Corporate Information, for GE.com. More than 2,600 entries in 40 categories were submitted to the 6th-annual competition held by The American Business Awards.
なんだってぇ!!
ムヒョー(謎)
by nobsato | 2008-06-18 03:09 | News Clip

Re: カエルの設計は上海のスタジオのための総務部長任命する

ここの自動日本語翻訳、いつ見ても面白い(w原住民ってw
by nobsato | 2008-06-06 19:07 | Design

Re: Design Green Now Presentation

frong designのGreen Designの試みについて
(先月のアースデイにウェスタンワシントン大学で行われたGreen Design Nowのプレゼン資料から)参加者は2週間、ゴミ箱なしで生活し、出たゴミは参加者の常に半径5フィート(約1.5メートル)以内に置くことで、その人の行動パターンや環境貢献度(破壊度w)を検証して、生活サイクルにあったグリーンデザインを考える、といったような試み。
日本でもこういった検証とか研究をデザイナー主導でやると面白いんですが、やってるとこってあるかしら?
#大学とかではやってそう(w

update 14:57
Sustainabilityがデザインの新しいスキルとして(既に)必要になってきている、という考え方は◎
a0006681_14583511.jpg

by nobsato | 2008-05-03 14:27 | Design

SXSW Interactive 2008

さて今年もいつの間にか、そんな季節になりましたが、今週末からSXSWです。2002ぐらいからWeb系でもいっきに注目度アップしてたりで1回ぐらい行きたいなぁ、という感じでなんですが、そもそもIAサミットやduxでさえ毎回行けてないので、まぁ、無理っぽいなぁと思う今日この頃です。
#若かりし頃(って言っても4,5年前)なら、明日あたりにさっくりオンラインでチケット購入して、飛行機乗って、ひゅーっと行っちゃいそうですが、さすがにもうそんなに若くない、と:p

で、きっとkazuさん(誰)あたりが潜伏してレポートをどっかで公開するだろうということで詳細はそっちに期待するとして、相変わらず今年もパーティが目白押しのようです(そっちかい!)

で、やっぱり今年もfrog designのパーチが最強らしいので、行く人はぜひ実況中継お願いします(wその他のパーチや便利なインタラクティブパーティリストはこちら。それから、今年は弊社(何処)のUS向けの作品もFinalistに残っているので、是非盛り上がってください!>誰。
by nobsato | 2008-03-05 04:09 | ExperienceDesign

Re: Technology’s Untanglers: They Make It Really Work

New York Timesに職業としてのユーザビリティ専門家の重要性についての記事。
  • New York Times: Technology’s Untanglers: They Make It Really Work
    SOMETIMES there is a huge disconnect between the people who make a product and the people who use it. The creator of a Web site may assume too much knowledge on the part of users, leading to confusion.
    (省略)
    Enter the usability professional, whose work has recently developed into a solid career track, driven mostly by advancements in technology.

    Jobs in the usability industry are varied, as are the backgrounds of the people who hold them. The work can involve testing products in a laboratory, watching people use products in the field or developing testing methods.
まさに最近話題のコンテキスチュアル・インクワイアリー(謎)とかについですな。

で、記事によると、UPAの2005年の調べによると、米国でのユーザビリティコンサルタントの年収は$49,000から$120,000の間で、平均年収は$86,500だそうです。。
って、食いつくのそこかい!(w

記事では地球物理学者だったEric Danasの話なども載ってます。
何年もの間、石油探索業界に身をおいていてユーザビリティの重要性に気がついて大学にもどってヒューマンファクター(人間工学)とアドバンスド・インターフェースデザインの学位をとったそうで、今ではMicrosoftでUser Experienceチームを率いているそうです。へー。

人間工学とアドバンスド・インターフェースデザインの修士が豊富?にある米国らしい話ですが、MicrosoftのUser Experienceチームといえば、長年Windows関連のUXDの棟梁だったTjeerd Hoekが5月の連休前にfrog designに電撃遺跡したのが記憶に新しいです。
…といっても、あまり日本では話題になりませんでしたが(w
ついでというか何というか以前話題になったMicrosoft Design CenterのサイトのHoekのページ、更新した方がよいのではないでしょうか?まぁ、余計なお世話ですが(w
by nobsato | 2007-07-11 03:16 | InfoArch

frog designが上海にオフィスを開設

frog designが正式に中国に進出しました!

日本も視野に入れた(お得意の)研究調査ということですが、やはり狙いは来年中国で開催するオリンピックのようですね。
  • frog design Opens Studio in Shanghai
    Strategic-creative consultancy expands operations in Asia-Pacific region – serving both international and Chinese companies – first projects include research and strategic counseling for major clients.

    (省略)

    frog design’s Shanghai studio will initially focus on conducting market and consumer research in China, Japan, and South Korea as well as providing strategic counseling for its major clients. This includes developing brand and marketing strategies for clients who are sponsors of the 2008 Olympic Games in Beijing. frog also plans to extend its services to Chinese companies.
TBWA/CHIATも博報堂G1とかEグラとか整理してTBWA/HAKUHODOとして体制整えたり、Avenue A / Razorfish(これは別理由?)も中国のインタラクティブエージェンシーe-Crusade,とかを中心に中国体制整えてますし、IDEOも着実に中国(オフィスはfrogと同じく上海)で実績をあげつつ日本への再進出も企てているとかいないとか。
噂ではいよいよR/GAも日本か中国に拠点を展開するとかしないとか…。
#というかBob Greenbergが自分でそれっぽいコメントもしてるし(w

だだいま、ちょっとだけ中国オリンピックで日本領地も便乗ブーム?(w
by nobsato | 2007-03-28 22:28 | Design

Re: 1985年にアップルが取得した電話の特許

キヤノ販とかがキャンペーン用とかに押さえで取得したような感じがするけどなぁ、これ(w

1985年というとエスリンガーが統制とっていたFrog designの黄金時代でもあるので、
このデザインはありえないだろう、やっぱり(w
by nobsato | 2007-02-06 03:13 | ExperienceDesign

フロッグデザイン、Flextronicsの傘下に

ちょっと古いニュースですが(単に自分が知らなかっただけ)、古くは(いや、傑作とされる製品のそのほとんどが古いんですが…)Apple IIcやMacintosh、SEなどの独特なデザインランゲージ"Snow White"やNeXTの黒い筐体のデザイン、SonyのProfile(ブラウン管)などの歴史的名機をデザインしてきた工業デザイン会社、フロッグデザインが8月にFlextronics(EMSサービスの大手だそうです)に買収されてました。
  • BW Online: frog design's New Lily Pad
    Firms like IDEO have gone way beyond designing products to designing services and experiences -- to the point that they often end up competing with the likes of McKinsey & Co. And some say frog isn't even as competitive in straight-ahead product design. The company now gets roughly half its $35 million in annual sales from designing Web sites, software manuals, online branding campaigns, and the like
記事によるとやはり他の工業デザイン会社に比べて競争力がなくなってきたのが理由のようです。
特に90年代前半ライバルとされていて同じく低迷していたIDEOは工業デザインから戦略サービスやユーザーエクスペリエンス構築といったプロダクトデザイン以外の分野への脱却に成功していますが(当時IDEOは、戦略系やサービス系は米メタデザインと組んでいました)フロッグはWebデザイン会社のProphet Communicationsだったか?(名前が定かではないw)を吸収して建て直しとか懸命だったみたいだけど、うまくいかなかったようですね。
90年後半、Appleやその他のハードメーカー各社が、デザイン会社から優秀なデザイナーを引き抜いて社内でデザインチームを作るようになったことも衰退した理由としてあるのかな?と思ったり…。

往年のAppleファンとしては悲しい限りです。チーン

update: 2008-06-19
frogと合併したのはやっぱりProphet Communicationsでした。(綴りに自信がなかったw)

買収された1995年当時、ちょうどEnigma IIIのスペシャルサイトを作ったばかりで、そのサイトがすごい話題になっていて、その後(たしか)Frogのサイトのリニューアルに携わるだなんだ(といったような記事が当時のDesign Plexか何かに書いてあったように記憶している)で、結局Frogのデジタルデザイン部門として電撃合併されてしまった衝撃的なニュースを今でも覚えてます。
#今後、実家にいって雑誌探してみようっと(w
by nobsato | 2004-09-27 18:48 | Design